読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jqcejlvp9peの漫画を読んだ日記

最近読んだ電子コミックを中心に書いてます。漫画は文化であり、情報発信も受け取りもラクにできること。さらにイメージをつかみやすいのも魅力の一つだと思う。

2017年見たい映画リストと予告動画をまとめてみた。(その1)

2017年もあっという間に50日が過ぎようとしている。

こんな時に漫画の実写化されている映画を観たくなる。

(漫画⇒アニメ⇒実写化)

 

日本映画では、なかなかいいのに巡り会わないけれども

るろうに剣心」は良かった。3月のライオンも気になるけれども。

監督が大友啓史(おおともけいし)さんなので予告編見て期待二重丸

 

youtu.be

 

さてさて。洋画で漫画から実写化されるので絶対に見たいのが1本あって

それが「ローガン」というタイトルで

Xmenのウルヴァリンが主人公のスピンオフ映画

第1作は好きだったんだけれども2作目が日本が舞台で

なんかいまいちな感じがしていたので3作目はそんなに期待していなかったけれども

予告編を見て、これまでの不死身のウィルヴァリンが傷つき痛みを耐え

そしてひげをたくわた顔に惹きつけられてしまった。

youtu.be

ヒーローの最後って。。。まるで「老兵は死なず。ただ消え去るのみ。」名言を

映像に表しているような感じがしている。

 

音楽と映像がピッタリで、ヒーローはどう自分の人生の最後を迎えるのか?

そして自分と同じ能力を持った少女を守る姿。

 

なんか、アクション映画と人間ドラマをうまく交差させて作り上げた映画

ではないのかな?と予告編を見ただけで思ってしまう。

 

アクション映画って最近はついて行けないほど展開が早すぎるから

そういうのを抑えた演出の作品を待っていたから

余計に期待値が上がっている。

 

日本公開は2017年6月1日(木曜日)はスケジュールを空けて

公開当日に観てみたいと思っている。

 

漫画が新しい表現の場を獲得したことで・・・

漫画に関する情報をシェアしていきます。

子どもの頃から慣れ親しんだ漫画。

 

わかりやすく読むだけでイメージがスーッと頭に入っていく。

漫画を読むと馬鹿になるといったのはずいぶん昔のこと。

 

今はいろんな情報が漫画になって

伝える手段として一つの文化になっているし

それを発表する漫画家さんも以前よりは多くなっている。

 

それはやはりネットで発表する場が増えたり、電子コミックの存在が大きいと思う。

出版社、印刷会社を通さなくてもピクシブというサイトで

自分が描いた作品を公開したり販売したり、電子コミックを配信するサービスが

漫画家さんを募集して多くのチャンスが増えてきた。

 

そんな漫画を伝える手段が昔よりも多くなった

そして電子コミックを受け取る側(スマホタブレット)も

気軽に読むことができるということで利用するのが増えてきました。

 

でも、あまりにも多くなった漫画の作品。

何を読んだらいいのか?どんなサービスを使ったらいいのか?

迷い始めている。そんな中で自分が最近読んだ作品をコツコツとココに

書き留めていこうと考えている。